All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
最新のコメント
ああ、揶揄の意味がわから..
by uraracat at 07:52
画像、ありがとうございま..
by uraracat at 17:29
奇しくもわたくし、アマゾ..
by uraracat at 22:00
実はわたくし、Attit..
by uraracat at 23:54
この方が動画を撮ったよう..
by uraracat at 06:23
IMDbによると タイト..
by uraracat at 21:40
インスタグラムでのベンさ..
by uraracat at 20:11
2月8日のカシアス役が、..
by uraracat at 21:14
”In a demons..
by uraracat at 13:10
ちょい役で、見憶えがあり..
by uraracat at 19:05
あ、でもブルータスを一種..
by uraracat at 08:50
ベン、こんなカーキ色のパ..
by uraracat at 17:03
https://www...
by uraracat at 20:07
NTLive 2018ラ..
by uraracat at 19:43
ナショナル・シアター・ラ..
by uraracat at 19:40
遅まきながら、『ダウント..
by uraracat at 16:47
Hugh Grant j..
by uraracat at 01:29
KCL Film Stu..
by uraracat at 15:45
Male actors ..
by uraracat at 09:55
2016年ベンの NY..
by uraracat at 19:32
記事ランキング
最新の記事
舞台 ”ジュリアス・シーザー..
at 2018-04-25 03:44
Ben Whishaw as..
at 2018-04-24 07:40
タチタ・ディーン "His ..
at 2018-04-20 18:02
The Hour 3 が実現..
at 2018-04-19 21:44
"A Very Englis..
at 2018-04-19 08:20
"Speak Its Nam..
at 2018-04-17 23:46
A Very English..
at 2018-04-17 23:40
Norman Scott 写..
at 2018-04-17 23:39
A Very English..
at 2018-04-17 23:38
Hugh Grant and..
at 2018-04-05 07:44
舞台『ジュリアス・シーザー』..
at 2018-03-22 08:31
”Bond 25” ☆ ダニ..
at 2018-03-19 18:01
O HOLY GHOST ☆..
at 2018-03-17 23:47
"His Picture i..
at 2018-03-17 23:28
若き日のベン ☆
at 2018-03-16 19:58
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
白鯨との闘い
未来を花束にして
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
画像一覧
検索
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
タグ
(552)
(210)
(117)
(111)
(98)
(63)
(62)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(26)
(25)
(24)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/


タグ:ローレンス・オリヴィエ ( 1 ) タグの人気記事

ベン・ウィショー - インデペンデント紙の記事

THE INDEPENDENT  29 Nov 2009
Sarah Sands: Women love him.
Men love him. Whishaw has it all

d0160581_105177.jpg

「ケイト・モスの顔をモデルとしていたるところでいつもみていても飽きることがないように、ベン・ウィショーにも同じことが言える。彼は BBC の 『クリミナル・ジャスティス』で、この程国際エミー賞の栄誉に輝いた。

彼はまるで役が乗り移ったかのように演技する。ドラマを盛り上げるためにこれ見よがしな芝居をするパフォーマーではない。芸歴を重ねて大きな役のために準備する役者が多い中でウィショーは、プリモ・レーヴィや Old Vic での『ハムレット』(筆者のベスト『ハムレット』)によってキャリアをスタートした。

おそらく、彼は今後脇役に回ってカメオ出演など別の一面を見せるための力をつけているのかもしれない。もちろん、若さ―――特に苦悩に満ちた青年役など―――が彼には似合っている。キーツ役に彼以外にふさわしい役者が考えられるだろうか?
『ハムレット』を演出したトレヴァー・ナンは、ウィショーについて「彼の顔は偉大なる繊細さと圧倒的な若さを湛えている」と言った。役を自分のものにしてしまうのはなんと言っても彼の持っているカリスマ性ゆえであろう。

d0160581_1063135.jpg

ロイヤル・コートでのマイク・バートレットの 『Cock 』がそれを物語るのかどうかはわからないが、彼の身体的特徴は、ロマンティックな三角関係の真ん中にいる男性を体現し、ウィショーならではの役どころであった。ということは、彼ならではの役柄というのは他にもあるということだ。

他の役者たちが、ローレンス・オリヴィエがかつて演じた役柄に必要とされる属性を定義しようと躍起になるのがよく解る。同じことがウィショーにも言えるのではないだろうか?(オリヴィエもまたOld Vic の『ハムレット』で名を成した)。またこれもオリヴィエしかり、(それほど大ごとではないにしろ)、セクシュアリティが問題視された役者である。妻のジョーン・プロウライトは、いとも簡単に『 Desert Island 』のDiscで語る。「もしある人が天才とまで讃えられるならば、その人はもう 普通 の人ではない。 普通 の人生を送ることはないのである。」

ウィショーの異なるところは、両義的なセクシュアリティが彼の演技の中心となっているところである。そこが、筆者が、演劇界においてのみならず、彼が我々のこの現代という時代を代表する存在だと思う所以である。今の時代というものを実によく表出しているのだ。

ロンドンの演劇界がエネルギッシュに生き生きと息づき、独自の時代性を示しているのと、芸術的な演出家や脚本家の多くがゲイであることは偶然ではないような気がするのである。テーマが彼らの領域であり、興味分野だということもあり、私たちの固定観念をみごとに覆してくれる。

d0160581_1022754.jpg

もし、『Cock 』 のような作品がひと昔前の世代で構築されたなら、間違いなくその苦悩は、ヘテロセクシュアルな関係における一人の男性が、ホモセクシュアルとして真のアイデンティティを発見するという設定になったことであろう。この芝居には特筆すべき逆転がある。保守的ともいえるゲイ同士の関係にある男性が、自分の真のアイデンティティは、ヘテロセクシュアルではないかと、疑うという点である。

ウィショーは夭折の詩人を演じる時以外は実に素晴らしく現代のセクシュアリティの問題を演じて見せてくれる。彼は身体的にどちらの性にもアピールする。それはロイヤル・コートにおいて男性的・女性的観客のどちらの切望にも応えるものである。

『Cock 』の作者マイク・バートレットは、役者たちと同じく20代で、現代の演劇の波を作り出しているジェネレーションである。我々の同時代の問題を捉えたまさに、とても賢くて才能ある演技者と作者たちが存在しているのだ。

ウィショーは、この世代の “顔”である。彼と仲間の トラベラーたち は、私たちをベビーブーム世代の文化的な 縛り から解放してくれる。これは英国で起きている最もエキサイティングな出来事である。」


(訳部分おわり)


Source :
www.independent.co.uk

写真は別のところから頂いてきています。



********

どうしても訳しておきたい記事でした。数ある 『Cock 』評の中でも一番ベンのことを書いているし・・・。
ベンがまさに自分でも感じていて体現している時代性、社会性を理解し、よく見通しているライターだと思います。(読んでいるといつも The Independent には編集者にベンの真の理解者がいるのだろうと感じます。でも、この Sarah Sands さんは Evening Standard の編集者だそうですが。)








●This translation originally posted March 13, 2010
このブログパートⅠにも載せています。

[PR]
by uraracat | 2012-03-23 14:53 | Best Clips/Articles | Trackback | Comments(2)