All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
最新のコメント
haaya さん、お久し..
by uraracat at 19:47
うららさん、お久しぶりで..
by haaya at 16:03
Rami Malek W..
by uraracat at 05:05
インスタグラムにファンと..
by uraracat at 17:06
https://www...
by uraracat at 03:42
「メリー・ポピンズ」の2..
by uraracat at 06:45
8月9日にベンとレイフ・..
by uraracat at 06:32
《新しいジェームズ・ボン..
by uraracat at 06:06
ついに007の打ち合わせ..
by uraracat at 22:24
thedesignpri..
by uraracat at 08:16
ベンさん、ニューヨークで..
by uraracat at 22:18
Sonnets V De..
by uraracat at 19:51
この時の動画がアップされ..
by uraracat at 06:51
”Allelujah!”..
by uraracat at 07:09
超絶愛くるしさ!! ..
by uraracat at 07:04
"Paddington ..
by uraracat at 08:09
Large anti-T..
by uraracat at 15:16
Mark Shenton..
by uraracat at 19:48
このドラマのヒュー・グラ..
by uraracat at 22:17
Ben Whishaw ..
by uraracat at 19:17
記事ランキング
最新の記事
『トロイのマリリン・モンロー..
at 2019-01-10 08:01
このトロフィは本棚に置きます..
at 2019-01-07 16:39
初めての受賞トロフィー? ど..
at 2019-01-05 06:59
人はぼくがパディントンの中身..
at 2019-01-03 17:36
ベン・ウィショーは、子ども..
at 2019-01-03 17:30
I'm such a day..
at 2019-01-03 17:21
Santa?、の声のトーンが..
at 2018-12-24 18:52
Bond 25 の悪役に『ボ..
at 2018-12-22 05:14
ついにグレアム・ノートン・シ..
at 2018-12-22 02:51
心傷めし子ども、成長す ☆ ..
at 2018-12-19 07:44
I am an intros..
at 2018-12-10 07:21
SF映画 ” Little ..
at 2018-12-05 06:15
『メリー・ポピンズ・リターン..
at 2018-11-29 02:44
"I was a dark ..
at 2018-11-08 08:07
ベンの居ぬ間にベンの賛辞 ☆..
at 2018-11-05 13:26
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
未来を花束にして
白鯨との闘い
デヴィッド・コパ―フィールド
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
画像一覧
検索
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
タグ
(547)
(210)
(117)
(111)
(98)
(63)
(62)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(26)
(25)
(24)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/


"I was a dark star always” ★ 戦争詩人ウィルフレッド・オーウェン没後100年記念フィルム ☆ Philip Hoare 作

Guardian の記事 
Into the dark water: Philip Hoare on the life and death of Wilfred Owen
に限定公開の YouTube 動画(8:44)があり、ベンの朗読たくさんあり・・・

Philip Hoare さんの仰るとおり、ベンの朗読には揺らぎがあって、何だかなまめかしく、人間的で、声にいろいろな心の襞が織り込まれていて、聴いていて
涙が出そう。。。26歳のフレッシュさとはまた違った、38歳の大人の色気、エモーショナル・インテリジェンスも光り・・・聞き応え満点💛💛💛




d0160581_07582220.png

◆Wilfred Owen◆ ウィルフレッド・オーエン

第一次世界大戦を題材にした詩で知られるイギリスの詩人。自身が体験した塹壕と毒ガスの激戦を描いた詩によって、ジークフリード・サスーンと並び第一次世界大戦を象徴する『ウォーポエット』(War Poet)として人々の記憶に刻まれている。(Wiki より)



動画:ベンの朗読による詩の断片

1:05
A letter to Siegfried Sassoon 5 Nov. 1917

・・・・・・・
If you consider what the above Names have severally done for me, you will know what you are doing.
And you have fixed my Life – however short. You did not light me:
I was always a mad comet; but you have fixed me. I spun round you a satellite for a month,
but I shall swing out soon, a dark star in the orbit where you will blaze.
It is some consolation to know that Jupiter himself sometimes swims out of Ken!  
・・・・・



2:28
From Diary, July 1914

Leaves
Murmuring by miriads in the shimmering trees.
Lives
Wakening with wonder in the Pyrenees.
Birds
Cheerily chirping in the early day.
Bards
Singing of summer, scything thro’ the hay.
Bees
Shaking the heavy dews from bloom and frond.
Boys
Breaking the surface of the ebony pond.
Flashes
Of swimmers carving through the sparkling cold.
Fleshes
Gleaming with wetness to the morning gold.
A mead
Bordered about with warbling water brooks.
A maid
Laughing the love-laugh with me; proud of looks.
The heat
Throbbing between the upland and the peak.
Her heart
Quivering with passion to my pressed cheek.
Braiding
Of floating flames across the mountain brow.
Brooding
Of stillness; and a sighing of the bough.
Stirs
Of leaflets in the gloom; soft petal-showers;
Stars
Expanding with the starr’d nocturnal flowers.



d0160581_07565147.jpg



2:58
O World of Many Worlds

To be a meteor, fast, eccentric, lone,
Lawless; in passage through all the spheres,
Warning the earth of wider ways unknown
And rousing men with heavenly fears…



4:12
Dulce et Decorum Est

・・・・・・・
Dim through the misty panes and thick green light,
As under a green sea, I saw him drowning.

In all my dreams before my helpless sight,
He plunges at me, guttering, choking, drowning.
                    ・・・・・・・


4:51
         III
Happy are these who lose imagination:
They have enough to carry with ammunition.
Their spirit drags no pack.
Their old wounds, save with cold, can not more ache.
Having seen all things red,
Their eyes are rid
Of the hurt of the colour of blood for ever.
And terror’s first constriction over,
Their hearts remain small-drawn.
Their senses in some scorching cautery of battle
Now long since ironed,
Can laugh among the dying, unconcerned.




5:37
Letter to his mother on 31 Dec 1917

I go out of this year a Poet, my dear Mother, as which I did not enter it. I am held peer by the Georgians;
I am a poet's poet. I am started. The tugs have left me;
I feel the great swelling ot the open sea taking my galleon.




6:23

Move him into the sun—
Gently its touch awoke him once,
At home, whispering of fields half-sown.
Always it woke him, even in France,
Until this morning and this snow.
If anything might rouse him now
The kind old sun will know.




7:36
Anthem for Doomed Youth  「死すべき定めの若者のための賛歌」

What passing-bells for these who die as cattle?
Only the monstrous anger of the guns.
Only the stuttering rifles' rapid rattle
Can patter out their hasty orisons.
No mockeries now for them; no prayers nor bells;
Nor any voice of mourning save the choirs,
– The shrill, demented choirs of wailing shells;
And bugles calling for them from sad shires.

What candles may be held to speed them all?
Not in the hands of boys but in their eyes
Shall shine the holy glimmers of goodbyes.
The pallor of girls' brows shall be their pall;
Their flowers the tenderness of patient minds,
And each slow dusk a drawing-down of blinds.







d0160581_20253358.jpg

At John Hansard Gallery, contemporary art gallery, Southampton from 4th November through January 2019.



ラジオ番組 Front Row, 31/10/2018
🎧 Wilfred Owen's life and work remembered through art, 100 years since his death


ベンの声ほんのちょっと:21:06 あたり
"I was always a mad comet, a dark star★”


MC
「オーウェンは、ジョン・キーツからとても影響を受けています。今回朗読のベン・ウィショーも映画”ブライト・スター”で、キーツを演じましたが、あなたにとってそういう関連性は重要でしたか?」

Philip Hoare「おそらくこの、”Dark Star" というのは、”Bright Star” の捩りでしょうね。
ベンは、何というか・・・いわく言いがたい微妙な表現をします。ベンの声のバイブレーションから、オーウェンのためらいみたいなものがぼくには伝わってくるのです」







※ベンの朗読が11月4日(日)Radio4でオンエア☆?

オンエアあったようですが、”Anthem for Doomed Youth”の朗読が最後の最後に少しだけ。。。



________

2006年にこんな朗読もあった♪

◆BBC Sounds - Front Row's Cultural Exchange 
Ben Whishaw reading Dulce et Decorum Est by Wilfred Owen



◆2006年、ラジオ3のオーエン・ウィーク
http://www.bbc.co.uk/radio3/speechanddrama/wilfredowen.shtml



by uraracat | 2018-11-08 08:07 | 耳で聴くベン・ウィショー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uraracat.exblog.jp/tb/27196400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『メリー・ポピンズ・リターンズ... ベンの居ぬ間にベンの賛辞 ☆ ... >>