All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
最新のコメント
このドラマのヒュー・グラ..
by uraracat at 22:17
Ben Whishaw ..
by uraracat at 19:17
レミ・マレクがフレディ・..
by uraracat at 05:44
The drama fe..
by uraracat at 07:43
Ben Whishaw ..
by uraracat at 14:51
あはは・・・! この ..
by uraracat at 06:32
whishawedtem..
by uraracat at 06:23
ベンさん、今スペインで、..
by uraracat at 10:59
Radio Times ..
by uraracat at 07:44
ああ、揶揄の意味がわから..
by uraracat at 07:52
画像、ありがとうございま..
by uraracat at 17:29
奇しくもわたくし、アマゾ..
by uraracat at 22:00
実はわたくし、Attit..
by uraracat at 23:54
この方が動画を撮ったよう..
by uraracat at 06:23
IMDbによると タイト..
by uraracat at 21:40
インスタグラムでのベンさ..
by uraracat at 20:11
2月8日のカシアス役が、..
by uraracat at 21:14
”In a demons..
by uraracat at 13:10
ちょい役で、見憶えがあり..
by uraracat at 19:05
あ、でもブルータスを一種..
by uraracat at 08:50
記事ランキング
最新の記事
A Very English..
at 2018-06-17 07:26
"David Copperf..
at 2018-06-12 17:14
『パディントン2』UK版DV..
at 2018-06-11 12:14
Short Film "Pa..
at 2018-06-08 06:57
More photos of..
at 2018-06-02 07:57
あはは!またも、不思議な髪型..
at 2018-06-01 07:24
ベンさん、舞台『NIGHTF..
at 2018-05-27 11:33
”Bond 25” ☆ ダニ..
at 2018-05-26 05:13
”Another Day I..
at 2018-05-25 07:35
More from "A V..
at 2018-05-16 05:55
ベンさん、ベケットの "Ho..
at 2018-05-15 14:36
Sunday 20 May ..
at 2018-05-10 06:59
A Very English..
at 2018-05-05 20:16
”I Understand ..
at 2018-05-05 19:25
Ben Whishaw as..
at 2018-05-02 07:48
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
白鯨との闘い
未来を花束にして
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
画像一覧
検索
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
タグ
(548)
(210)
(117)
(111)
(98)
(63)
(62)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(26)
(25)
(24)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/


A Very English Scandal 3話まで観ました☆

d0160581_07230775.jpg












d0160581_07250681.jpg

















d0160581_06541431.jpg
















d0160581_07245216.jpg



































d0160581_07241234.png
d0160581_07242538.jpg
Photos: Ludovic Robert
d0160581_07233997.png
d0160581_20425140.jpg

3話はとてもよかったです。1~2話はそこまでの布石。

Wikipedia の《ソープ事件》を読んでいたのでよくわかりました。

(日本語のこの項、もう、このドラマのことも載っていました)


とにかく、キャスティングが抜群でしたね。みんな合っているし、どなたも上手い!
ノーマン暗殺に関わる小悪者たちの滑稽さ!!女性群のたくましさ!!
ピーター・ベッセル役の人、パブの女将さん最高!


2話を見終わって、とにかくテーマ曲がうるさいくらい畳みかけて、ドラマにリズムを与えていましたが、途中から、あのテーマがモーツァルトの25番に聞こえて、『アマデウス』とごっちゃになって、困りました(笑)絶対下敷きにしていると思う!

*****


Telegraph Magazine をちゃんと訳したくなりました。(友人に頼んで紙のマガジン取り寄せました)

公判で、Norman がはっきりと公言したこと、

「自分みたいな存在が、体制側の圧力で、殺されたり、闇に葬られたりしないで、公に知られることを求める」というのと、

ベンが記事の中で、階級間の確執もあると。

演劇の世界にも明らかに上級クラスとそれ以下のクラスとの違いを思い知らされる場面に直面し、それは自分も感じている。

このドラマは、ゲイスキャンダルということそのものと、階級差という問題も描いていると。



d0160581_20463225.png

髪型や服装も70年代っぽいのが、ダサくて、ノーマン・スコットが馬丁だということもあり、ベンの美しさは横に置いといた演出・・・・?

(それにしても、ベン、何着洋服着たのだろう!というくらい着てましたね)














d0160581_20434272.jpg
ノーマンが法廷を出てすぐの言葉、

I was rude, I was vile, I was queer, and I was myself という言葉に集約されるような、

ノーマン・スコットという人物が正直・天然だが、したたかに賢く、精神安定剤も飲んでいたような・・・たいへん不可思議な人物なので、ベンもそれを考えながら演じ出していた感が強かったですね。

この細かい微妙な視線の運びなど・・・ベン技、披露!
gif でとくとご覧あれ!

d0160581_20585555.gif
d0160581_20592178.gif
Tragic comedy ・・・・
泣き笑い・・・・・


3話のベンは魂が透けて見える場面、ちょっときれいだった。






階級差は、ジェレミー・ソープが、公判後であってもごちそうを運ばせるのと、ノーマンがバスに乗る前にお菓子か何かを買って帰るのの対比がはっきりと示していましたね。
d0160581_20594888.gif
d0160581_21010098.gif
(蜜月の頃、深夜二人で一緒に乗ったバスの2階の席で・・・・それを思い出す最後のシーン)

ベンもインタビューで言っているように、二人の間には確かに《ある愛》があったのですね。








*****



ヒュー・グラントが本当によかった。(これが彼の代表作になるというレビューも読みました)
コメディができる人は本当に上手いことがわかるほど、繊細なきめ細かいところの演技が本当に微妙に上手い!
(パディントン2でも感じました)



d0160581_06532910.jpg


未だに社会保険証を持たない本物のノーマン・スコットさん、
Get Norman Scott a national insurance card!
という運動が始まらないのでしょうか?このドラマ影響で・・・・?!





*****

Be~n、

このドラマであなたが伝えたかった、

★ノーマンとジェレミー・ソープの二人にしかわからないある種の愛

★Gay というマイノリティ、社会的弱者の人間としての尊厳と、英国に根強く残る階級差の問題の提示

★ノーマン・スコットに起きたこと、現在置かれている状態をちゃんと(ベンの言葉で言うところの properly に)公に知らしめること


ちゃんと伝わりましたよー♡♡♡


と、お伝えしておこう。



uraracat 拝






























* * * お・ま・け * * *

d0160581_16033755.png
サリー州オクステッドにあるソープの母親の家の、初めて泊まった部屋に置いてあった本。
『ジョヴァンニの部屋』ジェームズ・ボールドウィン作


d0160581_16070910.jpg
パリに遊学中のアメリカ青年のデイヴィッドはふとしたことから同性愛者の世界に踏み込み、ジョヴァンニと知りあう。2人は安アパート《ジョヴァンニの部屋20》で同棲生活を営む。やがてヘラとの結婚によってこの異常な生活は一応終わるが、デイヴィッドの歪められた性への強い執着に妻は去って行く。(アマゾン商品説明より)



d0160581_16093673.jpg

[PR]
by uraracat | 2018-06-17 07:26 | テレビドラマ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://uraracat.exblog.jp/tb/26873873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uraracat at 2018-06-06 22:17
このドラマのヒュー・グラント、スティーブン・フリアーズ効果で、『マダム・フローレンス!夢みる二人』を観たくなり、観終わったところです。

可笑しかったのは、この映画でもヒューは、メリル・ストリープ扮するマダム・フローレンスのことを”バニ―”と呼んでいたことです。

そして、献身的な夫シンクレア(ヒュー)は病気のマダムに寝着くときに、詩の朗誦などするのですが、その中でジョン・キーツの ”Bright Star" を唱えていました。。。
ヒューの「ブライトスター」も結構いい味でした。

ベンとヒューの共通点、どんどん出てきます。。。

スティーブン・フリアーズの良さは、キャスティングをはずさないということです。芝居の出来の半分以上は、キャスティングで決まるといいますが・・・。この映画も、伴奏者のサイモン・ヘルバークなど最高!

(それにしても、メリル・ストリープは『愛と哀しみの果て』に続き、またも夫から梅毒を移された役に・・・)
"David Cop... >>