All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
白鯨との闘い
未来を花束にして
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Mary Poppins Returns
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
検索
タグ
(580)
(210)
(117)
(111)
(98)
(63)
(60)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(25)
(24)
(23)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/
最新の記事
Queers  ☆ BBC ..
at 2017-08-04 13:49
One Night in A..
at 2017-08-03 00:58
舞台 ”AGAINST” ..
at 2017-07-25 07:27
撮影終了 ☆ 『パディントン2』
at 2017-07-19 15:05
ベン、今 こんな髪型 ☆
at 2017-07-16 21:40
ベン、クリス君とほんと仲いい..
at 2017-07-02 06:53
Ben Whishaw: F..
at 2017-06-23 22:07
First Look ☆ メ..
at 2017-06-09 13:20
PADDINGTON 2 T..
at 2017-06-09 13:08
今までこんなにみっちり取材し..
at 2017-06-03 01:46
こんな記事が今ごろ・・・ ☆
at 2017-06-02 16:56
Family Happine..
at 2017-05-19 22:26
犬にまでモテる男・・・☆
at 2017-05-19 22:24
そんなに《人気俳優》だったの..
at 2017-05-10 07:11
<先行上映> 嘆きの王冠 ~..
at 2017-05-10 07:03
記事ランキング
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
外部リンク
最新のコメント
http://www.s..
by uraracat at 10:55
http://www.m..
by uraracat at 10:04
"I could wat..
by uraracat at 06:22
ベン、ギリシャにいたのは..
by uraracat at 05:50
James Bond 2..
by uraracat at 19:05
ベンさん、アンドリューと..
by uraracat at 14:02
原作者マイケル・ボンド氏..
by uraracat at 15:09
http://www.t..
by uraracat at 14:50
amberosehe 2..
by uraracat at 19:10
Ben Whishaw ..
by uraracat at 05:33
あはは☆ 『追憶と..
by uraracat at 16:44
もう Against の..
by uraracat at 23:36
こちらは最近、ほんの少し..
by blueivy at 18:20
You're welco..
by uraracat at 20:09
ようこそ、いらっしゃい。..
by uraracat at 07:54
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
画像一覧


<   2012年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ベン・ウィショー BBC ドラマ "Richard Ⅱ" 今夜プレビュー☆

d0160581_1935846.jpg残忍なくせに無能な夢想家のリチャード。最初、卑劣でわがまま放題の暴君リチャードにいらだちを感じるものの、退位後のリチャードには弱者の威厳ともいうべき不思議な気品がみなぎっていて共感を覚える。リチャードは身の破滅が近づくにつれ、みずからをキリストになぞらえるが、そうした受難劇風のふるまいも共感の助けになっている。 
(解説詳細は こちら





◆『リチャード二世』 あらすじ(Wiki より)

第1幕
劇は、威厳をもって玉座に座るリチャード2世から始まる。従兄弟であるヘンリー・ボリングブルック(ボリングブルックは異名)と、トマス・モーブレーから自分たちの論争を裁定して欲しいと乞われる。ボリングブルックの言い分は、モーブレーは王から支給された軍資金を横領し、また王の弟であるグロスター公(トマス・オブ・ウッドストック)の不可解な死にも関与したというもので、それに対してモーブレーはボリングブルックに名誉を傷つけられたと憤っていた。リチャード二世は二人を和解させようとするが、叶わず、決闘を認める。しかし、決闘が始まる直前、リチャード二世は二人にイングランドからの追放を言い渡す。ボリングブルックは6年間の、モーブレーは永久の追放である。この裁定が結果的にリチャード二世の廃位と死に繋がるわけで、劇中、モーブレーがそれを予言する。

第2幕
ボリングブルックの追放後、その父親ジョン・オブ・ゴーントが死去する。リチャード二世はその遺産を取り上げ、アイルランド征伐の資金とする。貴族たちはこの仕打ちに加え、リチャード二世が貴族たちに対して先祖が犯した罪で罰金を課したり、民衆に重税を課したりすることに憤る。ボリングブルックが財産の返還を求めてひそかにイングランドに帰国したと知ると、貴族たちはボリングブルックを先頭にリチャード二世打倒の行動に出る。

第3幕
リチャード二世がアイルランド遠征から戻った時、イングランドはボリングブルックたちの手に落ちていた。ボリングブルックは財産の返還と、さらに王座を要求する。

第4幕
ウェストミンスター大会堂で、リチャード二世からボリングブルックに王冠が衆人を前に譲渡される。


d0160581_20171659.jpg第5幕
リチャード二世はボリングブルックによってポンフレット城(ポンフレットは現ポンテフラクト Pontefractのこと)
に幽閉される。

王ヘンリー四世となったボリングブルックが存命のリチャード二世のことを「生きている恐怖(living
fear)」と言ったのを聞いた騎士エクストンは、それを暗殺の指示と理解して、ポンフレット城に行き、リチャード二世を暗殺する。

ヘンリー四世は先走ったエクストンを処罰して、リチャード二世の死の罪を浄めるためにエルサレム遠征を行うことを誓う。








BBC のシェイクスピア・オリンピアードのトレーラー よりもう一度 (ベン部分 1:23 あたり)

第二幕第1場。このシーン、どうやらこう言ってるみたいです。 ↓

KING RICHARD II (Ben Whishaw):
By my seat's right royal majesty,
Wert thou not my father’s father's son,

This tongue that runs so roundly in thy head
Should run thy head from thy unreverent shoulders.

JOHN OF GAUNT (Patrick Stewart):
Live in thy shame, but die not shame with thee!



リチャード二世:
知恵までやせた気ちがいのばかものだ、
(おこり)にとりつかれたのをさいわいに、身をふるわせながら
傲慢にも王に詰め寄り、見かけ倒しの諫言(かんげん)をもって
悪寒をおぼえしめるとは。おかげで怒りのあまり
この頬から血の気も引いたぞ。ええい、

わがイギリスの正統の国王たる威厳にかけて、
もしその身がエドワード王の息子の弟でなければ、
首の上で勝手放題にさえずっているその舌が、
その首を不逞極まる肩から切り落としていたはずだ。


ゴーント:
いや、わが兄エドワード黒皇太子(ブラック・プリンス)の息子よ、この身が
その父エドワード王の息子だからといって遠慮はご無用。
エドワード王の血をあなたはすでに、親の血を吸うという
ペリカンのように、泥酔するほど飲み干しておられるのだ。
わが弟のグロスターが、あの人のいい正直者が―――
ああ、天上にあって弟の魂がしあわせでありますよう!―――
彼がいい先例だ、証人だ、エドワード王の血を流しても
あなたは平気でいられると天下に証言しているのだ。
どうせ私は明日をも知れぬ病気の身、それに、
時が手にする大鎌(おおがま)のようなあなたの残忍さを加えれば、
すでに枯れしぼんでいる花を刈りとるのは一薙(な)ぎですむ。
恥にまみれて生きるがいい、死んでも恥は残るだろう!
このことばはのちのちまであなたの呵責の種となろう!
ベッドへ連れて行ってくれ、それから墓場へだ、
愛と名誉をもつもののみ、生きたいと思うがいいのだ。     (従者たちに連れられて退場) 

 


(小田島雄志訳 『リチャード二世』 白水社刊 より
 ただ、このベンのシーンでは、緑部分だけの台詞になっています。)
 









d0160581_20211155.jpg
しばらくオーストラリアにいたらしいベンさん。時間を訊かれた方がツイートしてて、今ロンドンに帰っているようです・・・。プレビューのトークに出るためにご帰還?

















********


d0160581_23453363.jpg
ジェラール・フィリップのRichard Ⅱ
[PR]
by uraracat | 2012-04-30 16:59 | テレビドラマ | Trackback | Comments(1)

"Japan using Fukushima people as human Guinnea Pigs"



June 17, 2011 from 60 minutes Australia

*ミチオ・カク教授 NY大理論物理学。日系米国人




◆I feel gigantic sorry for all of living things of the entire world as one
of Japanese citizens who caused this enormous disaster.......
[PR]
by uraracat | 2012-04-30 16:13 | FUKUSHIMA | Trackback | Comments(0)

少年と髑髏(しゃれこうべ)

読めました?この漢字?!
d0160581_71964.jpg
Magnus Enckell - Young Boy and Skull, 1893
[PR]
by uraracat | 2012-04-30 00:01 | 音楽・芸術 | Trackback | Comments(0)

Teddy Boy ってそういう意味?

d0160581_4324456.jpg
 Wiki で調べたら

●Teddy Boys = "a tough youth of 1950's and 1960's wearing Edwardian style clothes"

「エドワード朝様式の服装をした1950年代および1960年代の不良少年」

なんですって。。。








Source: Sunday Times Style Magazine Sept 2008
[PR]
by uraracat | 2012-04-29 04:37 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

Teddy を抱く男

d0160581_5183964.jpg

[PR]
by uraracat | 2012-04-28 05:18 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

Contra Mundum

d0160581_19113467.jpg















d0160581_19113346.jpg
d0160581_1912075.jpg
















d0160581_19115964.jpg

[PR]
by uraracat | 2012-04-27 00:01 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

Horse-scenes omitted

from The Sacrifice
d0160581_20173795.jpg








from Brideshead Revisited
d0160581_20181113.png

[PR]
by uraracat | 2012-04-26 00:01 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

知り合いがアラスカへ発つ



Anchorage Waldorf School

What Is Waldorf

Music at Waldorf



私もこんなカリキュラムの学校に行きたかったよおおおお!
未来を力強く生きる Human-beings を育てるんだろうなあ。




☆Tilda Swinton's child goes to the Waldorf School in Scotland
(↓ の動画の最後の方に彼女がコメントしてます)

What is Steiner School

Edinburgh Rudolph Steiner School


☆イギリス Streatham では、2007年に一つの学校存亡の危機があったらしい
Save Waldorf Steiner School
[PR]
by uraracat | 2012-04-26 00:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

タルコフスキー 『サクリファイス』 木を植えるシーン

d0160581_1728228.jpg

冒頭、アレクサンデルが木を植えながら、おさない息子に話す

(「ここに来て手伝っておくれ」)

『ずっと昔のあるとき
年取った修道士がいて僧院にすんでた
パムベといった。
あるとき 枯れかかった木を山裾に植えた
こんな木だ
そして若い門弟に言った
ヨアンという修道僧だ
「木が生き返るまで毎日必ず水をやりなさい」

(「石を置いとくれ」)

毎朝早くヨアンはー
桶に水を満たして出かけた
木を植えた山に登り
枯れかかった木に水をやって
辺りが暗くなった夕暮れ
僧院に帰ってきた

これを3年続けた
そして ある晴れた日
彼が山に登っていくとー
木がすかっり花で覆われていた

一つの目的を持った行為は
いつか効果を生む
時々ー
自分に言い聞かせる
毎日欠かさずに
正確に同じ時刻に
同じ一つの事を
儀式のようにきちんと同じ順序で
毎日変わることなく行っていればー
世界はいつか変わる
必ず変わる
変らぬわけにいかぬ』







d0160581_17264118.jpg







d0160581_17281110.jpg

[PR]
by uraracat | 2012-04-25 00:01 | 文学・詩 | Trackback | Comments(0)

クリミナル・ジャスティス BAFTA 2009 作品賞受賞風景

d0160581_52861.jpg

[PR]
by uraracat | 2012-04-24 05:02 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)