All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
白鯨との闘い
未来を花束にして
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Mary Poppins Returns
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
検索
タグ
(580)
(210)
(117)
(111)
(98)
(63)
(60)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(25)
(24)
(23)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/
最新の記事
Queers  ☆ BBC ..
at 2017-08-04 13:49
One Night in A..
at 2017-08-03 00:58
舞台 ”AGAINST” ..
at 2017-07-25 07:27
撮影終了 ☆ 『パディントン2』
at 2017-07-19 15:05
ベン、今 こんな髪型 ☆
at 2017-07-16 21:40
ベン、クリス君とほんと仲いい..
at 2017-07-02 06:53
Ben Whishaw: F..
at 2017-06-23 22:07
First Look ☆ メ..
at 2017-06-09 13:20
PADDINGTON 2 T..
at 2017-06-09 13:08
今までこんなにみっちり取材し..
at 2017-06-03 01:46
こんな記事が今ごろ・・・ ☆
at 2017-06-02 16:56
Family Happine..
at 2017-05-19 22:26
犬にまでモテる男・・・☆
at 2017-05-19 22:24
そんなに《人気俳優》だったの..
at 2017-05-10 07:11
<先行上映> 嘆きの王冠 ~..
at 2017-05-10 07:03
記事ランキング
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
外部リンク
最新のコメント
http://www.s..
by uraracat at 10:55
http://www.m..
by uraracat at 10:04
"I could wat..
by uraracat at 06:22
ベン、ギリシャにいたのは..
by uraracat at 05:50
James Bond 2..
by uraracat at 19:05
ベンさん、アンドリューと..
by uraracat at 14:02
原作者マイケル・ボンド氏..
by uraracat at 15:09
http://www.t..
by uraracat at 14:50
amberosehe 2..
by uraracat at 19:10
Ben Whishaw ..
by uraracat at 05:33
あはは☆ 『追憶と..
by uraracat at 16:44
もう Against の..
by uraracat at 23:36
こちらは最近、ほんの少し..
by blueivy at 18:20
You're welco..
by uraracat at 20:09
ようこそ、いらっしゃい。..
by uraracat at 07:54
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
画像一覧


<   2011年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

Cloud Atlas - What shall we expect from this picture?

d0160581_14194991.jpg
どこかで観たことあるなあ。。。(『ブレードランナー』みたいだなあ。。。)







●写真はここから
http://blogs.indiewire.com/theplaylist
[PR]
by uraracat | 2011-12-31 14:25 | 過去の映画 | Trackback | Comments(0)

I wanted him to be my friend

d0160581_21301824.jpg




d0160581_21304492.jpg




d0160581_2131866.jpg




d0160581_21313217.jpg




d0160581_21314512.jpg




d0160581_2132153.jpg




d0160581_2132144.jpg




d0160581_21322460.png




d0160581_21324249.png




d0160581_21325490.png













これってベンかしら・・・? 中学時代くらい?
(Facebook に載っていたのだけれど。。。ちょっと違うような気もするし・・・・・James?)
d0160581_21362390.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-12-31 00:01 | 過去の映画 | Trackback | Comments(0)

IO NON SONO QUI

お好きなメニューからお選びください
d0160581_5401316.jpg






d0160581_5415219.jpg








d0160581_5334538.jpg
d0160581_5325311.jpg
d0160581_534693.jpg






d0160581_5343780.jpg
















d0160581_5332249.jpg

d0160581_5335237.jpg
d0160581_533225.jpg

d0160581_536282.jpg





この監督の自然観、色彩感覚、ファッションセンス、キッチュ趣味は嫌いじゃない。。。
もちろん音楽も ♪ (ただ、映画的興奮が得られない・・・・・んです)
d0160581_5351131.jpg

d0160581_5344580.jpg

d0160581_5353940.jpg

d0160581_5402653.jpg

















d0160581_535278.jpg

d0160581_535536.jpg
d0160581_5332946.jpg
















d0160581_5361916.png
d0160581_5381657.png

(http://essenmitsosse.de/kino-120a/ よりの画像)












d0160581_5403811.jpg


















d0160581_5413619.jpg

d0160581_5412224.jpg

















d0160581_5355529.jpg
d0160581_5417100.jpg

d0160581_5341899.jpg
ケイト姐さん is always cool ♪




















イタリア語のポスター
d0160581_5405232.jpg

"I'M NOT HERE"  by Ben Whishaw ・・・・・・・(笑)



















d0160581_1258236.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-12-30 06:55 | 過去の映画 | Trackback | Comments(0)

We want more Ben as Keith

d0160581_1144522.jpg






























d0160581_116687.jpg
d0160581_1161898.jpg
d0160581_1162886.jpg



























d0160581_116559.jpg






















d0160581_1171820.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-12-29 01:20 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

Maurice Bejart "Rumi"

d0160581_2295244.gif
http://www.youtube.com/watch?v=enOmxQP6JWs


♪ musique Kudsi Erguner
[PR]
by uraracat | 2011-12-28 22:15 | 音楽・芸術 | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショーと Baby

d0160581_156558.jpg
                   ショートフィルム "BABY"より





ベンがパパに、っていう役の設定はあまりないのだけれど、
ちょっとだけにおわせたのも含めて今までに何作かはありました。








Look Back in Anger  
ジミー・ポーター、25歳、はアリソンと結婚している。
二人はじゃれ合う<熊とりす>のゲームをするようなイノセントさを持ちながらも、(当時のイギリスを代表するような)怒れる若者ジミーの振りまく怒りを、周りの他の者は如何ともしがたく、妊娠した妻アリソンはお腹の子を始末してしまう。


初演のポスター
d0160581_3283583.jpg

ここに、ジョン・オズボーンについての記事


ベンのラジオドラマ BBC ラジオ4 の"Look Back in Anger"


●日本語で読める『怒りをこめてふりかえれ』は「世界文学大系〈第95〉現代劇集」
(1965年)筑摩書房刊 に編集されているようです。


リンゼイ・アンダーソン監督版マルコム・マクダウエル主演映画についての素敵なブログ記事も
http://blog.livedoor.jp/stainbeck/archives/51075099.html
















Leaves of Glass
d0160581_3173080.jpg
 

スティーヴンの妻デビーは妊娠が判ったが、スティーヴンは、度々デビーの相談役になってくれ、自分と関係の悪い、弟バリーの子ではないのかと勘ぐる。
交通事故で死を遂げたらしいバリーの葬儀の夜に、生まれた赤ちゃんの泣き声が響く。



















Love Hate
d0160581_414569.jpg

自分の中の憎しみの化身=Hate に、家に押し入られ住み着かれたトム。
夜も共にし、Hate はいつの間にかお腹が大きくなっていた。

最後に、Hate がトムの手を取って自分のお腹に当て、
"Won't be long" (「もうすぐよ」)と、煙草を吸いながら、しれーっと言う。

そしてお腹が動いたらしく、トムがぎくっと驚くラスト!!!
あのシーンのベンの顔演技がもおもお絶妙 ♪♪♪

これは小品ながら、ベンの上手さがぎゅっと詰まった傑作。

(Hate との間にどんな子が生まれるのか、是非に続編が観たい!)


















Cock
d0160581_5532720.jpgジョンが元彼を振り、結婚して家庭を持つことまで考えたW。将来子どもを二人もうけ、その名まえまでもう考えてあった。
「ジャックが生まれて、そしてキャサリン ..... 孫が生まれたら6人でクリスマス」などと。

このジョンが一番、パパ役が想像に難いキャラクター。

でもなぜ、こういう特集にしたかというと、この前のラジオ版 Cock を聴いていて、パートナーの M に、「W との間に子どもでもできたんじゃないの?このぉ、パパー、パパ、パパ.....」なんてからかわれるシーンで、John が「そんなことは絶対ない!There is no son. No BABY!」って言った時の、"べィビイ" っていう発音になぜかキュンとしちゃった ♪ からです。
















The Hour
d0160581_7452815.jpg

フレディとベルは、以前はちょっといい仲だった?
子どもはどうする?などの将来の空想などしたこともあったらしい。
名まえは"ギルバートとモード"
 
“What would we do with the children?”
“Gilbert and Maude? Glove compartment.”































『パフューム』の舞台裏
d0160581_358488.jpg
ベンが一番子どもっぽい顔。。。(笑)
[PR]
by uraracat | 2011-12-27 08:46 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

ベンが唇を奪われる~!

d0160581_8372088.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-12-26 08:37 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

フェリシティ・ジョーンズ 写真集

d0160581_19404776.jpg









d0160581_19414271.jpg








d0160581_19415381.jpg
d0160581_19425882.jpg













d0160581_194251.jpg




d0160581_19421949.jpg




d0160581_19423376.jpg




d0160581_19424819.jpg




d0160581_19433565.jpg







d0160581_19434946.jpg
d0160581_1944297.jpg
d0160581_19441338.jpg
d0160581_19445151.jpg
d0160581_19505032.jpg












d0160581_1951437.jpg
d0160581_19512518.jpg
d0160581_1952387.jpg











d0160581_19521892.jpg
d0160581_19522933.jpg
d0160581_19524213.jpg






















d0160581_16364985.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-12-25 00:01 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

"Cock" の劇作家 マイク・バートレットのインタビュー

'Most theatre is still really bad' 8 November 2009
d0160581_51486.jpg
Mike Bartlett at the Royal Court theatre, London. Photograph: Karen Robinson



「僕たちは、舞台を観にいくことがいいことだという考えから離れる必要があります。」
と若き劇作家マイク・バートレットは、ランチインタビューで語る。もうすぐ、彼の新しい芝居の初日を迎えるロンドンのロイヤル・コート劇場でのことだ。

「劇場は、教会ではないんです。本質的に何も良いことはない。ほとんどの舞台がまだ本当に良くない」

29歳の彼は、皿の中のパスタも忘れて続ける。「仕事を持っていて、生活している人たちにこそアピールすべきものなのです。芝居についての芝居が一番性質が悪い。救いがたいナンセンスです。」

2007年にロイヤル・コートは、劇場を、地下鉄の電車の車両に見立てて彼の評判作 My Child  を再構成した。バツ一の父親が自分の息子に会うために葛藤する話だった。

今度の新作 Cock はまたある男の危機を描く。ベン・ウィショーがジョンという主人公を演じ、ゲイの男性と幸せに暮らしていたのに、ある女性と恋に落ちてしまう。

バートレットのセリフは、登場人物の葛藤から転がり始め、それによって彼らの人と成りが判ってくる。「観客が、週のうち、あと4日に何をみているか知っておくのは悪いことではありません。」と彼の弾丸スタイルについて語る。

「もしあなたがまだ70年代の演技スタイルのスピードで行こうと思っていて、観客が The Wire を観ているのなら、あなたの芝居をかなりスローだと感じるでしょう。」



テレビについて彼は
「舞台でできることよりもかなり大きな影響力と速さで文化を変えてしまう可能性を持っています。」ホモセクシュアリティについては「これについての議論は全く、ゴールデンタイムにやっている Brookside の Anna Friel や Dr. Who にお任せしましょう」

彼自身のセクシュアリティについてははぐらかされてしまった。
「この芝居は、それらのことをすべて含んだ内容になっています。だから観ていただいてから結論を出してください。でも、願わくば、終わるまでにそこがポイントではないということに気づいてほしいです。」

バートレットは、オックスフォード郊外の Abingdon で育った。母親は校長で、父親は心理学者だった。リード大学で、国語と演劇を専攻し、演技と演出、そして劇作を学んだ後、ロンドンに出て他の友人5人と Apathists という劇団を作り、月に一度脚本を書くために集まり、Battersea劇場503 で短い芝居をやった。

「あれはいささかアナーキーな感覚でした。ある晩芝居のあとで、客席にパイントグラス一杯分の嘔吐物を見つけました。それは誰かが本当に、密かに、とにかく具合が悪くなり、その証拠をそこに残して行った。我々は可笑しくなりました。あれは僕が思うに僕たちのそれまでにやった芝居の最悪の批評だったと思います。」

それ以来、批評はどんどん良くなってきている。Cock は、今年のロイヤル・コート劇場で2作目(もう1作は Enron)の開演前チケット完売の演目と報告された。

「イギリスで最高の役者を4人も揃えることができました。その4人が一緒に同じ部屋で僕の芝居をやるんです。とてもいい気分です。もし人が外出してまで舞台を観に行くとしたら単なる ”good” じゃだめなんです - Box セット並みの満足感 - 完全に言うことなし というくらいでないと。」




もとの記事はこちら
www.guardian.co.uk/culture
[PR]
by uraracat | 2011-12-24 17:23 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

We want Ben as a baddie 。。。

d0160581_4415339.png




d0160581_4422588.png




d0160581_4425297.png

[PR]
by uraracat | 2011-12-24 00:01 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)