All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
白鯨との闘い
未来を花束にして
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Mary Poppins Returns
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
検索
タグ
(567)
(210)
(117)
(111)
(98)
(63)
(60)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(25)
(24)
(23)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/
最新の記事
舞台 AGAINST ステー..
at 2017-09-20 06:40
所属していた青年劇団に ”ベ..
at 2017-09-16 20:49
The Holy Ghost..
at 2017-09-13 15:36
舞台 ”AGAINST” ..
at 2017-09-11 11:14
The Times ☆ In..
at 2017-09-09 09:42
Family Happine..
at 2017-09-06 08:00
舞台 "AGAINST" ..
at 2017-08-31 06:45
A Very English..
at 2017-08-31 06:44
Queers  ☆ BBC ..
at 2017-08-23 20:19
女優はジーナ・ローランズ..
at 2017-08-18 05:00
One Night in A..
at 2017-08-03 00:58
撮影終了 ☆ 『パディントン2』
at 2017-07-19 15:05
ベン、今 こんな髪型 ☆
at 2017-07-16 21:40
ベン、クリス君とほんと仲いい..
at 2017-07-02 06:53
Ben Whishaw: F..
at 2017-06-23 22:07
記事ランキング
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
外部リンク
最新のコメント
“Safety is b..
by uraracat at 15:38
We Are Colon..
by uraracat at 13:01
Ben Whishaw ..
by uraracat at 06:53
https://www...
by uraracat at 06:33
OUJの面接授業で、イギ..
by uraracat at 05:40
http://www.s..
by uraracat at 10:55
http://www.m..
by uraracat at 10:04
"I could wat..
by uraracat at 06:22
ベン、ギリシャにいたのは..
by uraracat at 05:50
James Bond 2..
by uraracat at 19:05
ベンさん、アンドリューと..
by uraracat at 14:02
原作者マイケル・ボンド氏..
by uraracat at 15:09
http://www.t..
by uraracat at 14:50
amberosehe 2..
by uraracat at 19:10
Ben Whishaw ..
by uraracat at 05:33
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
画像一覧


<   2011年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

Enjoy your vacation ♪

d0160581_22135981.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-07-31 21:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

Freddie in dinner jacket ~ The Hour Epi 3 Clip

d0160581_6522667.jpg
http://www.facebook.com/pages/The-Hour/242407632448420

番組の Facebook ができてました。

アンドリュー・スコット扮するアダムも含んでビリヤードなどやる面々・・・の中にフレディも。。。(でも玉突きはやってません)
[PR]
by uraracat | 2011-07-31 06:57 | テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショー The Hour - Episode 2  より

d0160581_2183755.jpg










d0160581_215740.jpg












d0160581_2145451.jpg












d0160581_213076.jpg
Bel: When we first met you couldn’t even knot you tie straight.
You’d never tried an oyster…

Freddie: Personally, not much of a loss.

Bel: …been to the theatre, read Woolf or Wilde. I did that.
It’s what you do for someone when you believe in them.


d0160581_8403620.jpg
d0160581_837547.jpg
ヴァージニア・ウルフ               オスカー・ワイルド(left)














d0160581_21283127.jpg
d0160581_21285960.jpg
d0160581_21292057.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-07-30 21:44 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

映画 『 Poetry 』 にみる、詩を映画にすること

d0160581_8532356.jpg

from Bard to Verse
Posted by Ryan Gilbey - 27 July 2011 15:51


What happens when movies take on poetry?

d0160581_8573676.jpg


There's blood on the escritoires over at the Poetry Society. It has been in turmoil for some weeks following multiple resignations, and now there is the suspension of public funds by the Arts Council to contend with -- all in the wake of what the Independent described as a "power struggle" between its former director and the editor of Poetry Review.

What, you may ask, has all this got to do with cinema? Well, I was thinking that we might at last have the germ of a decent film about poetry here -- a back-stabbing Social Network-type affair (Hang 'Em Haiku?
Stanza
and Deliver?) that could make up for decades of incompatibility between these two art forms, poetry and cinema.

It's common for a film to earn the compliment of being called poetic,
but when it comes to engaging with poetry itself, the two art forms feel uniquely out of sync with one another. Whenever cinema and poetry
meet, the liaison is invariably punctuated by yawning silences where
neither party knows exactly what to say or how to say it. The most
visionary directors -- such as Jane Campion in Bright Star -- have
caught the essence of verse, but committing the medium itself to film is as simple as nailing two eggs together. Dead Poets Society, Tom &
Viv, Poetic Justice
and significant parts of the recent Howl -- all have failed to render the passion of poetry without lapsing into the prosaic. At least the version of Walt Whitman's "I Sing the Body Electric"
(『私は充電された肉体をうたう』) set to music in the 1980 film Fame had youthful
sincerity on its side.

Lee Chang-Dong's new film Poetry is an exception: it shows that
poetry (and, by extension, art) can form part of a person's very
survival. Mija (Yoon Jeong-Hee), a woman in her sixties recently
diagnosed with Alzheimer's, enrols in a poetry class as a way of
holding on to the language that has begun cruelly to desert her.
So far, so Hollywood -- sign up Sally Field for the remake.

But where Poetry differs from that formula is in denying the audience
an emotional spectacle or catharsis; at the very moment when you
might expect poetry as a force to inspire the film's characters to climb upon their desks proclaiming "O Captain! My Captain!", it is reined in, the better to underline Mija's private transformation. Writing poetry
changes her (and I will leave viewers of the film to see exactly what
form that change takes), but the picture shows how the most
momentous internal revolutions often register as no more than a
ripple on the surface.

Michael Radford's 1995 Il Postino is not in the same league at all but
it does at least argue for the importance of poetry in everyday life.
It shows how poetry can be woven into us, and into our lives, whether or not we choose to recognise it; a rose by any other name, and all
that jazz. Perhaps that's one of the keys to making a good, unself-
conscious film about poetry: to give the words their proper context,
to show the life unfolding around them. That's undoubtedly where
Bright Star excels. Campion handles John Keats's poems with special
informality. The first excerpt to reach our ears -- the opening stanza of Endymion ("A thing of beauty is a joy for ever") -- is delivered in a
child's halting, sing-song voice, before her older sister snatches the
book from her hands and silently completes the reading herself.

As Keats, Ben Whishaw is endearingly nervy, free of the reassuring
hindsight with which so much period drama is played. A.O Scott in
the New York Times wrote that viewers should "stay until the very
last bit of the end credits, not necessarily to read the name of each
gaffer and grip, but rather to savour every syllable of Mr. Whishaw's
recitation of 'Ode to a Nightingale.'" High praise.


Poetry opens on Friday.




Source:
http://www.newstatesman.com/blogs/cultural-capital/2011/07/poetry-film-art-shows-cinema



*******

d0160581_922745.jpg
Poetry - Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=fo2dfY317-k




*******
●上記 New York Times で賞賛されたときの記事より ↓

This is a risky project, not least because a bog of cliché and fallacy lies between the filmmaker and her goal. In the first decades of the 19th century, some poets may have been like movie stars, but the lives of the poets have been, in general, badly served on film, either neglected altogether or puffed up with sentiment and solemnity. The Regency period, moreover, serves too many lazy, prestige-minded directors as a convenient vintage clothing store. And there are times in “Bright Star” when Keats, played by the pale and skinny British actor Ben Whishaw (“Perfume,” “I’m Not There”), trembles on the edge of caricature. He broods; he coughs (signaling the tuberculosis that will soon kill him); he looks dreamily at flowers and trees and rocks.

d0160581_19301731.jpg


But these moments, rather than feeling studied or obvious, arrive with startling keenness and disarming beauty, much in the way that Keats’s own lyrics do. His verses can at first seem ornate and sentimental, but on repeated readings, they have a way of gaining in force and freshness. The music is so intricate and artificial, even as the emotions it carries seem natural and spontaneous. And while no film can hope to take you inside the process by which these poems were made, Ms. Campion allows you to hear them spoken aloud as if for the first time. You will want to stay until the very last bit of the end credits, not necessarily to read the name of each gaffer and grip, but rather to savor every
syllable of Mr. Whishaw’s recitation of “Ode to a Nightingale
.”




●前に書いたイギリスに10年以上いたキーツの大ファンの友人が、

「映画 Bright Star の最後のベンの朗読『ナイチンゲールに寄せるオード』を聴いて初めて、最後の stanza の意味が分かったような気がした。今まで色々な人の朗読を聴いたけれど、自分の経験ではベンのほかにはマーク・ライランスくらいしか、キーツの本質を掴んで表わしていると思える俳優はいなかったと思う。」

と言っていました。



●先日、" Words for You - The Next Chapter " が届き、『ナイチンゲール・・・』の全文を、ベネディクト・カンバーバッチが読んでいるのを聴きましたが、ベンとはもちろん全く違うものでした。なんというか、カンバーバッチ色が出すぎているというか、(それはそれで彼の声は嫌いではないのですが、)それによって詩の本質を消してしまうというか・・・。

ベンは、カンピオン監督にも言われたように、まったく無心に淡々と普通に読んだのだと思います(と言っても、全く考えずに読むなんてことはできないので、考えているけれども、そこに自分の解釈が出すぎたり、読み方のテクニックなどに捉われないようにとにかく透明(Transparent)でいることを心がけたのだと思います。

d0160581_1325783.jpg
♪ Bright Star Soundtrack - Ode to a Nightingale

VIII.

Forlorn! the very word is like a bell
To toil me back from thee to my sole self!
Adieu! the fancy cannot cheat so well
As she is fam’d to do, deceiving elf.
Adieu! adieu! thy plaintive anthem fades
Past the near meadows, over the still stream,
Up the hill-side; and now ’tis buried deep
In the next valley-glades:
Was it a vision, or a waking dream?
Fled is that music: - Do I wake or sleep?





う~ん、究極に難しそう!

このことは、ベンの読み方を賛美する批評家と、わが友人のベン評価が一致する点でしょう。詩の朗読の奥の深さを思い知らされます。





余談
Wikipediaでホイットマン のことを調べたら・・・なんと!

「唯一残るホイットマンの性的行動の明示的な記述も間接的なものである。1924年、老境に入ったエドワード・カーペンターは、若き頃のホイットマンとのエロティックな出会いを、ガヴィン・アーサーに語り、アーサーがこれを自身の日記に詳細に記している。ホイットマンは晩年に「菖蒲」 ("Calamus") の連作は同性愛的かと率直に聞かれた時に、返答を避けている。」

などとありましたよ!
[PR]
by uraracat | 2011-07-30 09:12 | 文学・詩 | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショー The Hour - Episode 2

d0160581_6181073.jpg
http://www.megavideo.com/?d=UC5OX4DM

Enjoy, everybody ♪
(Thank you so much for the info. Jean-louis Briulet !!!)




photo from here
[PR]
by uraracat | 2011-07-29 06:16 | テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショー The Hour   Episode 2  Screencaps

d0160581_19484470.jpg
なんだ~、このひょうきんさはーーー?(笑)
d0160581_19491444.jpg
d0160581_19494096.jpg
d0160581_1950766.jpg











d0160581_1951873.jpg
d0160581_19514799.jpg











d0160581_19534999.jpg
d0160581_1954885.jpg
d0160581_19542438.jpg










d0160581_19555122.jpg
d0160581_1956568.jpg
相変わらずの美手 ♪♪ 魅了してくれます☆








All screencaps from
http://rawr-caps.net/index.php
またも、800枚以上も挙げてくれています。Thank you very much, rawr-caps!!! 




*******
まだみてないので全くの推測ですが、どうやらフレディは、放送が思うように行かず落胆したベルを慰めているのですね・・・?きっと・・・


(今までのもそうですが、写真 はクリックすると拡大されます)
[PR]
by uraracat | 2011-07-28 20:05 | テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショー The Hour Episode 2 より断片

d0160581_15245275.jpg
●Bel Gets Caught In The Rain - The Hour - BBC Two
http://www.youtube.com/watch?v=Dubvh52qTuk&feature=related

YouTube にほんの少し、へクターが強引にベルにアプローチするシーンがありました。





かくして、三角関係の火蓋が切って落とされる。。。



d0160581_1511533.jpg
via glassofgreen








d0160581_152415.jpg

d0160581_1515099.jpg
above 2 photos via indomita











*****
YouTube には 他に、Episode 1 の断片がちらほらと、フレディとベルのラブな関係に甘いポップスをまぶしたMTV 系のものも挙がっていました。。。
[PR]
by uraracat | 2011-07-28 15:06 | テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

Le Beau Freddie avec Merci

d0160581_18474979.jpg











d0160581_184826100.jpg











d0160581_18531721.jpg











d0160581_1851264.jpg











d0160581_18491582.jpg












d0160581_18485737.jpg











d0160581_18495873.jpg











d0160581_18515799.jpg











d0160581_18521386.jpg











d0160581_18484225.jpg









Screen caps via
http://rawr-caps.livejournal.com/410519.html
(I did cuttings by myself. Thank you the capper!)









Welcome every visitor !
If you reblog photos from here, please credit as so....Thank you.

[PR]
by uraracat | 2011-07-27 19:02 | 写真/雑誌撮影 | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショー The Hour  今日のフレディ  《肆》

d0160581_235441.jpg
d0160581_2362842.jpg









d0160581_2412622.jpg
d0160581_243385.jpg
“Seeing him across that finishing line is the thing. Makes it more real,
seeing the boom. It’s the mechanics of how we bear witness because
that’s what we do; what one tries to do. With all fleeting moments of
history. Not with apology, not as it is now - endless static news reel.
A man who never leaves his desk, delivering the story as though it’s the dry four minute warm-up act to the Hancock’s halfhour. Of course, we all want to be entertained but while we’re all busy laughing, Russia’s
aligning its missiles, declaring World War 3. It has to be the hour that
you can’t miss. The hour you have to see.”

d0160581_237244.jpg










d0160581_2495293.jpg









d0160581_2505811.jpg









d0160581_2521341.jpg











d0160581_2531912.jpg




















d0160581_2534245.jpg
d0160581_254196.jpg










photos from
http://rawr-caps.livejournal.com/410519.html
(Thank you as always)

[PR]
by uraracat | 2011-07-27 02:57 | テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

ベン・ウィショー 『パフューム』 これも夏が来~れば思い出す ♪

d0160581_11182069.jpg





d0160581_11195958.jpg















d0160581_11201216.jpg












d0160581_11203391.jpg
d0160581_11204979.jpg
d0160581_11211047.jpg













d0160581_11215694.gif













d0160581_11221042.jpg
d0160581_11222566.jpg













d0160581_11224349.jpg

d0160581_1140367.jpg












d0160581_11232212.jpg
d0160581_11233647.jpg













d0160581_11243092.jpg
d0160581_11273956.jpg
d0160581_11285741.jpg



















d0160581_11293890.jpg

[PR]
by uraracat | 2011-07-26 11:40 | 過去の映画 | Trackback | Comments(0)