All About Ben Whishaw :イギリスの俳優ベン・ウィショーのインタビュー記事の訳、舞台や映画のレビュー、写真等、ベンに関する情報やおしゃべり・・・
by uraracat
カテゴリ
全体
ベスト10インタビュー 翻訳
作品歴/ラインナップ
耳で聴くベン・ウィショー
The Crucible(舞台)
ロブスター
リリーのすべて
Hologram for King
007/Spectre
パディントン
白鯨との闘い
未来を花束にして
Surge(予定作)
ブロークン・ポイント
Best Clips/Articles
Bright Star インタビュー
その他のインタビューなど
ショート・フィルム
写真/雑誌撮影
London Spy
Bakkhai(舞台)
Mercury
過去の映画
テレビドラマ
舞台
文学・詩
音楽・芸術
ニュース
ベン以外の人の記事
その他
FUKUSHIMA
Mary Poppins Returns
Public Service
メリー・ポピンズ・リターンズ
未分類
検索
タグ
(590)
(210)
(117)
(111)
(97)
(63)
(60)
(58)
(58)
(54)
(50)
(41)
(33)
(28)
(25)
(24)
(23)
映画『遺伝子組み換えルーレットー私たちの生命のギャンブル』
公式サイト
GMO(Genetically Modified Organism)
正確に訳せば遺伝子操作された生命体

http://sayonara-nukes.org/
最新の記事
Ben Whishaw: F..
at 2017-06-23 22:07
ベン、今 こんな髪型 ☆
at 2017-06-11 06:21
舞台 ”AGAINST” ..
at 2017-06-09 13:44
First Look ☆ メ..
at 2017-06-09 13:20
PADDINGTON 2 T..
at 2017-06-09 13:08
今までこんなにみっちり取材し..
at 2017-06-03 01:46
こんな記事が今ごろ・・・ ☆
at 2017-06-02 16:56
Family Happine..
at 2017-05-19 22:26
犬にまでモテる男・・・☆
at 2017-05-19 22:24
Queers  ☆ BBC ..
at 2017-05-11 21:14
そんなに《人気俳優》だったの..
at 2017-05-10 07:11
<先行上映> 嘆きの王冠 ~..
at 2017-05-10 07:03
Photographed b..
at 2017-05-07 21:40
Ben Whishaw, a..
at 2017-04-30 06:17
Kiss ☆ その2
at 2017-04-28 18:09
記事ランキング
フォロー中のブログ
ベン・ウィッシュな休日Ⅰ...
外部リンク
最新のコメント
もう Against の..
by uraracat at 23:36
こちらは最近、ほんの少し..
by blueivy at 18:20
You're welco..
by uraracat at 20:09
ようこそ、いらっしゃい。..
by uraracat at 07:54
Adelle Leonc..
by uraracat at 20:27
あはは・・・ 今、気が..
by uraracat at 22:42
Mark Gatiss ..
by uraracat at 22:34
I AM MINEさんt..
by uraracat at 22:24
"The plebeia..
by uraracat at 23:06
日本で観られるとなると、..
by uraracat at 22:37
遂にですね〜、うれしい!..
by AI at 10:50
お久しぶりです☆ ..
by uraracat at 06:00
お久しぶりです! ベンは..
by AI at 20:07
One night in..
by uraracat at 06:02
https://www...
by uraracat at 15:41
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
画像一覧


カテゴリ:The Crucible(舞台)( 9 )

Ben Goddamn Whishaw ふたたび ☆

‘The Crucible’ stage door at Walter Kerr Theatre, July 17th, 2016
[PR]
by uraracat | 2017-01-20 07:33 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(0)

The Crucible ステージドア風景








業者め・・・!
[PR]
by uraracat | 2016-10-23 08:46 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(0)

Ben Whishaw on Brexit, Beards and Life After         'The Crucible'

d0160581_651619.jpg



Perhaps his most-anticipated role is as Freddie Mercury in the long-rumored Queen biopic. "The producers are working on the script at the moment," he tells Rolling Stone of the highly anticipated project. "They are very keen to get it absolutely right. That's all I can say at the moment."



I've seen you twice in this production of The Crucible, and it was so impressive. I'm curious: What is it like now, as you're coming to the end, versus when you began so many months ago. Has anything changed?
I'm not sure. I mean, I'm not sure if it's changed, but I've never done a play for such a long time. It's definitely been interesting because it's just that it gets deeper and deeper in to you. It becomes a deeper part of you; you know it so well. It sort of comes from a different place. I think it's richer and deeper and we're all more relaxed with it.

But another thing that has been really interesting is seeing how it feels to perform it as the world around us changes. How as world events unfold, the play seems to reflect them back in a really interesting, often quite frightening way. That's been very interesting and kept that feeling very alive.









I know you're familiar with working on location and being far away for long times, but was it strange being here in New York when the Brexit vote was happening in the U.K.?
Yeah, it's been really strange to be at a distance from it. I was away as well when the attacks happened on the London underground in 2005, and I remember watching that from overseas and feeling similarly attached and frightened and wanting to be back home, which is what I sort of feel at the moment, really. I feel like I would like to be back home even though it's splintering apart. I feel like I want to be with my country, and I will be soon.










I know your partner Mark Bradshaw, who's a composer, is here with you in New York. I wonder, both of you being creatives, have you ever thought about collaborating?
Yeah, we have, actually. I think we will do something soon. But at the moment, we're both preoccupied with our separate things. But maybe in the next few years we might do something. It's definitely something we talk about and knock ideas back and forth about, so we'll see. Yeah, I mean, certainly Ivo and Jan are a very inspiring couple to work with and to watch working. Beautiful, the way they interact.









In the last year or so, we've seen you in so many different parts. I loved your role in The Danish Girl with Eddie Redmayne. Plus, you were in Suffragette and in London Spy, and this year you popped up in The Lobster. It's been so diverse. What's happening next? I can't tell.
I don't know myself what I'm going to do next. I'm going take a long holiday, and I just want to come down from this play, which has been really intense. And then figure out ... Well, I say, "I'll figure out" – I'll see what blows in. I mean, there are things that look like they might happen, but I haven't chosen anything yet because I feel ... yeah, I don't really feel like I've got any brain space to really make a choice. You don't feel like you've got a lot left by the end of the run. So, I'm going to just let the dust settle and see. That's what I'm going to do.




rollingstone.com July 8, 2016
[PR]
by uraracat | 2016-07-09 06:13 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(0)

ベン殿の御生活を拝覧 ☆

d0160581_391097.jpg












                          

                        ↑ クリックすると拡大できます ↓

*この視線・・・・・⇒マークの写真?
d0160581_395784.jpg
うぅ、私が差し上げた本が2冊も楽屋に・・・!
ベン、読んでくれてる・・・
涙・・・

                                  


●一番上の黄色い表紙の本は、ティク・ナット・ハン?(ついに禅?)

●私が行った時もニューヨークのストアには、大体 Poland Spring というミネラルウォーターが置いてあり、一番安かった・・・


















d0160581_382957.jpg
小さな教会が似合うベン。赤い傘は演出?



d0160581_11423290.jpg
文研出版より

















kristinaloggiaphotography.com
via
zzztot
(いつもありがとうございます!)

[PR]
by uraracat | 2016-06-25 03:19 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(0)

The Crucible 観てきました ☆☆☆☆☆

※ネタバレあります。これからご覧になる方は、お気をつけください。 
d0160581_1511335.jpg
Masterpiece!

脚本がいい、演出がいい、役者がいい。

我が生涯、何度も味わうことがないであろう完成度!





* * * * * * *


●舞台装置がシンプルでセンスよく機能も抜群に考え抜かれている。

●ミニマルな装置のステージ上、役者の演技の実力が(問われるが)際立つ。

●タヴィ・ジェヴィンソンが抜群によい。

●ベンは、最大限のエネルギーで新境地に臨んでいた。

●シアーシャは宣伝が先行し過ぎたのもあって、ちょっと期待外れ。

●ソフィ・オコネードーは、役の内容は目いっぱい表出していたが、かえってそれが役の地味さを反映しすぎて地味な印象を残す。嫌疑がかかって家を出る時に言い残す、子どもたちへの気遣いや、毅然とした覚悟、最後のベンとの夫婦のやりとりは特に深く、二人の絆の深さを繊細に表わす。

●ジャイルズ・コーリー役のジム・ノートンがポジティブで好々爺。舞台に灯りをともす存在。暗い内容の中、唯一笑いをとっていた。(OCC Awards にノミネートも納得)
d0160581_19182683.jpg
                  Photos - Sara Krulwich - The New York Times






* * * * * * *

d0160581_19163136.jpg

●シアーシャが、NYタイムズのインタビューで、ベンのことを、
「(普段はそんなに人に感じない自分だが)彼はすごくてちょっと怖い」
的なことを言っていた。

そのベンが、タヴィのことを「You are strong! 小柄なのにパワーがすごい」と・・・



パンチ、パワー、爆発的なエネルギーに関しては、

シアーシャ < ベン < タヴィ

という構図が舞台上にあった。

d0160581_1523543.jpg
 
d0160581_1524174.jpg


(ベンはすごいのだけれど、それ以上にタヴィがすごく 
「ベンにトニー賞獲ってほしい」という声が、一部 Web 上で上がっていたけど、
それこそ、タヴィが獲るんじゃ・・・?と思うくらいすごかった・・・)


ベンはやはり 解る人には解る 演技。
観てる人は、観るところを観てはいるでしょう。(変な褒め方・・・笑)




席の周りで聞こえたのは、

「メアリー・ウォレンの子(=タヴィ)いいね」
「ベン・ウィショーだっけ、彼 デリバリーいいね」

でした ♪ 


行く前にちら見していたレビューでは、ベンのこと

「ベン・ウィショーの sublime(崇高な) Proctor」
「”He understands everything” と感じさせる演技」

が目に留まった。








d0160581_1515395.jpg

*演出の成功は 装置 と 動線*

装置や役者はある程度予測できたのだけど、動線(flow line)に関しては、すごく重要な要素だと思った。 観客も、目で動きを追い、身体で感じることができ、一番退屈に陥りやすい、ただ立ってセリフを棒読み、というのがなかった。

それが演出が上手いということだと改めて納得!


プレビューの初日から数日間観ていたベンファンの方の書き込みで、「昨日と動線が変わった」と読みましたが、そうやって1カ月のプレビュー期間中に納得のいくものに変わってきたのでしょう。


そこに音楽も 雰囲気と感情の動きのイメージを加えて、醸成していった感じ。
あまり多用ではなかったけれど、とても有効に使われていたと思う ♪

危惧していた、清教徒的、政治的な重く真面目なテーマの食わず嫌いを、食べてみたら「美味しい!」と、あの長い劇に引き込まれて、あっという間の(幕間をのぞく正味)2時間半。


* * * * * * *


*装置・演出の上手さと斬新さを感じたところ*

●女の子たちの高校生風衣装(← これがいわずもがなのかなりの要素を物語る)
●ステージ右手の牢格子のような壁とドア(← これもかなりを物語る)
 役者たちはすべてここから出入り。
 反対側、左手の開閉式組窓も色々な役割を果たす。
●中央の黒板に、役者が時にはセリフもいいながらその中のキーワードを書く(← ここにも動きと視覚要素が・・・)
●落ちてくる長細いベンチ状ライト9本のうち1本(← その後その一本の光だけの床の間接照明に流用)
●一瞬、ステージ上に一匹放たれる犬・・・



* * * * * * *


変なことを羨ましくなって帰ってきました・・・
監督と、舞台装置やライティング(舞台写真も)やっている監督の私生活でもパートナー Jan Versweyveld ☆
            
とにかくセンスがいい。演出の成功は Jan さんの仕事の功績も大きいことと思う。
その関係がいいなあ・・・と。

ああいうふうに一緒の仕事ができることは、なんてセクシィなんだろうと・・・!








d0160581_20424058.png

*ベン・ウィショーという役者の存在*

“You feel that there’s a secret world in his mind, in his body, and you
never know where he will go.”

Ivo Van Hove on Ben Whishaw ("Vogue")


また Hove 監督は、

「vulnerability と fragility がベンを great actor にしている」 ("NYTimes")

とも。


Ivo Van Hove 監督、ありがとう!!!

これで私の中では、ベン・ウィショーという稀有な役者をきっちり理解し、作品の中にしっかり使ってくれ、作品を作品としても完成度高く仕上げてくれる

★トレヴァー・ナン
★トム・ティクヴァ
★イヴォ・ヴァン・ホーヴェ

を3大演出家として挙げることができます。


***


私のベン熱に最初に火をつけた『パフューム』の監督トム・ティクヴァは、

「普通の人がここまでという限界線をひょいと簡単に超えてしまうのがベンだ」

みたいなことを以前、どこかで言っていた。

そのプロデューサー、ベルント・アイヒンガーは、

「底しれない闇のような暗さを持った俳優」

をグルヌイユ役に探していたという。



私は、今回この The Crucible を観て、

「私たちが自分でも気づいていない、心の深奥に潜む重く暗い痛い真っ黒な影の底にまで深く潜水していって、その黒く硬い玉を取ってきてくれるのがベン」

と。

私たちはその時、カタルシスを得る。


ベンに求める上記のような要素はきっちりと今回の作品からも感じさせていただきました。

我らが Ben Whishaw 健在!!!

我らが Ben Whishaw ばんざい!!!








d0160581_19303832.jpg
                Whore!



*ベン・ウィショーという役者の限界と可能性*


フィジカルなプレゼンス

vulnerability と fragility がベンの特質と判っているけれど、一般にトニー賞を獲るような俳優には(私の中での勝手なイメージは)’ が体 ' がよくて、デリバリーがよい、というのがあって、どうしてもそれは感じてしまう。

ファンとしてはそこが好きなわけなんだけど、一般的な目を通すとどうなのか、目が眩んでしまう。 


Bakkhai の時も、バ―ティ・カーヴェルと対峙した時など、(「それを言っちゃーお終いよ!」)と解りつつ、背と細さ=「physical presence 弱い」と思ってしまった。
ただ、演出でもっと闇の部分の迫力を、声を荒げて怒鳴る・叫ぶではなく、もっとどろどろと、おどろおどろした不気味さで演出してくれたら、違ったディオニュソスになっただろうなと、思い出すたび、いつも惜しまれる。

"Long hair, bedroom eyes, cheeks like wine" ← この部分をもっともっと強調した押しの演出してくれ~~~!!




今回は、あの thick で massive な髭がだいぶ manly さ、masculinity を表出するのに役立っていた。

演出で (ベンも言ってた)wrestling が多く、怒り心頭すると、飛びかかって組み敷くというフィジカルな絡みが多かったのも、体格を動きと勢いでカバーしていたと思う。


(タヴィとも通じますが)ベンの内側から溢れ出る、ほとばしるエネルギーはフィジカルな弱点を補って余りあるからすごいのですが。。。

一般の目を通すと・・・・?
それが、ベンが持って生まれた性(さが)とも思え・・・
トニー賞云々のことを考えると、そこがどうしても頭をよぎる。。。。

でもそういうコンベンショナルなギョウカイに風穴を開けるのもベンの宿命とも思えるし・・・・・






叫ぶ時に割れる。

口先、タンギングでの articulation は明晰で、ベンの声はこれ以上ないベルベット・ヴォイスになるのだけど、
喉を通す 叫び(怒鳴り)になると逆にベルベットの逆なでになる。

独白や単独でのセリフは文句なしなのだが、今回、他の人とオーバーラップする時、かき消されてしまう瞬間もあり、もったいなく感じた。



「本当によかった」と思ったのは、監督が途中で、アメリカンアクセントを止めさせたこと・・・

以前から(Days and Nights も含め)感じていたが、往き帰りの飛行機で観た『白鯨との闘い』のベン米語を聴いて、それがとてもよく解った。。。

(そういえば、メルヴィルも当時マサチューセッツ在住?・・・)

溢れ出る生の演技がベンをベンたらしめているので、技巧的な部分はたちまち嘘くさくなる。

(MOJO のコックニーもいまいち・・・・・ベン、ご免!)

あと、3大演出家に次点として加えるとすれば、『アイム・ノット・ゼア』のトッド・ヘインズですが、あの時のベン米語は、ボブ・ディランと判っていたから違うのも当然、ああいうアート・フィルムなら何でもあり。と腹をくくっていたからか・・・目がつむれた。



我らがベン・ウィショー、それらすべてを払拭し乗り越え、我々をまた行ったことのないところへ連れて行ってくれる、上記のような心配がなくなる日も来る・・・?

未来はどこまでもオープンにしておこう。







d0160581_547253.jpg
                            @thebenwhishaw










*トリヴィア*


プロクター:

「じたばたするな! こうなれば、天国と地獄の乗るかそるかの戦いだ。
  何もかもかなぐり捨てるのだ・・・・・

 ただ裸になっただけだ。
 そう、裸になったのだ!
 風が、神様の氷のように冷たい風が、吹きまくるだろう!」

               (『るつぼ』ハヤカワ演劇文庫倉橋健 訳より抜粋)

↑ で ベンが上半身脱ぐことは、必然性があったのだろうか?
              (鍛えている?)腕の筋肉は美しかったけれど・・・

・プロクターが最後、エリザベスと最後の愛のやりとりを交わすとき、言葉とキスの雨・・・
会話とキスの間が悪いと感じた。(のは私だけ?)

・べン、ちょっと歌います ♪

・観た3回ともスタンディングオベーション。
(初回の晩はわたし、終盤ジャイルズ・コーリーが More Weight!と叫びながらの最期だった、というくだりでは、内容を知っていながらも泣いてしまった。)

・ベン、’モーゼの十戒’ を黒板に書く字が(思っていたより)結構うまいなあと。

1.主が唯一の神であること
2.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
3.神の名をみだりに唱えてはならないこと
4.安息日を守ること
5.父母を敬うこと
6.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
7.姦淫をしてはいけないこと
8.盗んではいけないこと
9.偽証してはいけないこと
10.隣人の家をむさぼってはいけないこと

7を忘れて、2を二回言う。

(自分で7をしておきながら、それを忘れているというアイロニー、ちょうど夫婦でもめた後だったので「二人の間ではわかってる」発言で、ここで客席から笑いが起きる)


・プロクターの見せ場のセリフ 

I say ? I say ? God is dead! (laughs insanely, then)
A fire, a fire is burning! I hear the boot of Lucifer, I see his filthy face!
And it is my face, and yours, Danforth!



d0160581_22444315.png



PROCTOR、with a cry of his whole soul:
Because it is my name! Because I cannot have another in my life! Because I lie and sign myself to lies! Because I am not worth the dust on the feet of them that hang! How may I live without my name? I have given you my soul; leave me my name!

プロクター(魂の底からほとばしるような叫び声をあげて)

「それがわたしの名前だからです!一生ほかに名前を持つことができないからです!

私は嘘をつき、その嘘に自分で署名した!わたしは絞首刑になる人たちの足の裏にもなれない人間だ!

名前なしに、どうして生きてゆける?魂は渡した、名前は残してくれ!」











photos by Jan Versweyveld




(観賞日:2016年
・4月8日  ・4月9日(サム・ヒューアンが観に来ていた) ・4月10日マチネ

[PR]
by uraracat | 2016-04-17 09:55 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(5)

3月1日 プレビューが始まった ☆ The Crucible

d0160581_21172699.jpg
                  Ben Whishaw  Illustration by Tom Bachtell

Bewitched ― The New Yorker  April 4, 2016 Issue


いかにもベンだなぁ・・・!このまま、短編映画にでもなりそうなシチュエーション

・猫は、8年前にお祖母ちゃんにあげた
・お店の、’メデア’という黒猫を撫でた
・He paused by a shelf of ceramic skulls.
・"What are in these bottles here?” 
 “These are oils, a root called Devil’s shoestring.
・“In actuality, John Proctor was in his sixties, and Abigail was really
 young—she was twelve.”
・スモーキークォーツ(グラストンベリーで買った)“I just like it aesthetically”
・角のカフェでオムレツとアメリカーノをご注文























d0160581_6404468.jpg
                     Photography Michael Schwartz
Sophie Okonedo ― Interview Magazine 03/28/16

BROWN: I love The Crucible's sound design.

OKONEDO: I love it! And also Philip [Glass]'s music. Philip was in rehearsals all the time, so was the sound designer. Music was playing while we were rehearsing—cellos coming up, cellos coming down. That was new, because usually they do that in the tech; sound comes in later. I had sound from the first time I opened my mouth as Elizabeth. It felt like a great big organic experience with music, sound design, costume—we were given costumes on day one. Some shoes would arrive; a jumper would arrive. Though the jumper I'm wearing is my jumper—I wore it on my first day of rehearsal and Ivo kept going, "I want you to wear that jumper!" He got fixated. [laughs] I think he liked it because it was very me, and he likes as much of yourself on stage as possible. That's why he was like, "Use your own voice," because it's transparent.




d0160581_656078.png
これかなあ・・・






























d0160581_10222033.jpg
                Vogue, April 2016  photo©Mel Bles  (via)



































d0160581_821753.jpg◆W Magazine March 23, 2016

Ben Whishaw is Ferocious on Broadway's Buzzy "The Crucible"




That said, do you think your being British gives you a different perspective on this very American play?

Possibly. It’s weird, we rehearsed the play with American accents, me and Sophie [who is also British]. And then a few previews in, Ivo asked us to try it with our own voices. And we liked it more, so we kept it. We were planning on sounding American, but we’re not now. We just felt like the production is not specific about where we are in time or in space. We felt more comfortable, immediately. We dropped the American accents [and] we felt like we’d been married for a long time. We’re more connected to ourselves, I suppose, which is really Ivo’s thing. He’s not really interested in naturalism. Which is so unusual, I’ve never worked with a director quite so uninterested in it—like it doesn’t matter. He just says, “Play the situation.” So it’s very stripped away of all of that. It’s more important that it’s a group of people who are somehow trying to survive in this wilderness, in this new country.


d0160581_7251886.jpg





You’ve had such an enormous range of roles: most people wouldn’t think the same actor who played Ariel in The Tempest would also be playing John Proctor in The Crucible. Do you have any sense of what accounts for your ability to be so changeable?


I don’t see myself as a type, I suppose, that’s the thing. I don’t put myself in any kind of category and I really dislike anything like that coming at me. Because when I was 15, I played John Proctor and nobody thought I shouldn’t, or couldn’t, do it. There’s a freedom you have as a young person before the world starts branding you as something that I’m always trying to keep hold of. Because that’s how I feel inside: I’m many things. But also I think it’s that acting is not really so much about transforming or changing, but more of a chemical process, if you like, of your personality with the character. It’s not like you suddenly become a completely other human. You’re only ever you. And it’s coming out from you somewhere, but with the meeting of this other material that you’re working with.





d0160581_725466.jpg
            photos from "One on One Interview" ©Jan Versweyveld via

                            Click to enlarge

















11:13 もあってうれしい☆
 ◆Broadway.com ONE ON ONE:
Ben Whishaw on Putting His Stamp on THE CRUCIBLE, Revisiting
HAMLET & Landing James Bond


*ステージ登壇前、今度はクリスタルを抱えたり眺めたりするのが、心を落ち着けるすべらしい。。。
















◆USA TODAY インタビュー動画 ↓    
Saoirse Ronan & Ben Whishaw star in 'The Crucible'            
d0160581_17493620.jpg
◆Usatoday March 21, 2016            Photo: Robert Deutsch, USAT
Saoirse Ronan, Ben Whishaw clash, with nuance, in Arthur Miller's 'Crucible’ via


"It's a play about religion, and marriage, and love," says Whishaw, who played Proctor in a school production when he was 15. "It's very humane; (Miller) comes in with a lot of belief in people's goodness. It's also, of course, about how we can be blinded into acting inhumanely."


いい笑顔☆













d0160581_8322649.jpg
                            photo ©Matt Doyle
◆Backstage Magazine : Remember Ben Whishaw’s Name

Whishaw’s casting is yet another alteration to the play’s standard formula. Where the farmer has in the past been portrayed as a brute force, his rough edges are emotionally and physically softened by Whishaw’s vulnerability and wiry frame.

“When we first really met, he was greedy and hungry for inspiration,” van Hove says of his lead. “I must say, I’m really impressed. He’s there with his colleagues, he’s never selfish, never egocentric. He really wants to tell a story together with everybody and that was already there the first moment I saw him. He’s tender and sweet and at the same time a strong man, which is perfect for John.”














d0160581_6205434.jpg
◆New York Times Stylemagazine  March 17, 2016    Photo©Jan Versweyveld
Ben Whishaw on His Surprisingly Modern ‘Crucible’ Role



“Sophie Okenedo and myself were doing American accents for the whole of the rehearsal period, and then two previews in, Ivo asked us just to do it in our own voices — and that’s really changed things.”
















d0160581_93423100.jpg

◆The Guardian 13 March 2016
Ben Whishaw leads the soulful shift in what it
means to be a leading man














d0160581_6195597.jpg

Image nytsyn.com  ©Jody Rogac for The New York Times



◆The New York Times March 4, 2016
Ben Whishaw Makes Himself at Home in New York

*a teenager’s unruly mop mane & the bushy beard
*builder’s tea
*his fragility, his vulnerability
*But Proctor, it is fair to say, is a departure, a headlong dive against
type, and one undertaken with some trepidation.
“I’m a bit in awe of how brilliant he is, I really am,” said Ms. Ronan, his co-star, who plays Abigail Williams, John Proctor’s former mistress and the ringleader of the accusers. “That doesn’t happen to me very often.”















d0160581_8175274.jpg
◆動画: The New York Times Close Up 3/5/16

Ben begins to talk 17:00 あたりから

Arthur Miller's "The Crucible" returns to the stage at the Walter Kerr Theatre with a star-filled cast. Ben Whishaw, who stars as John Procter,took time out from rehearsal to be interviewed.












◆USA Today vine - シアーシャ・ローナンとの gif 画像




d0160581_8132164.jpg
Faoϟ@FaoWelling via some-trace-of-her














d0160581_16204435.jpg
Photo ©pstrmn1 Pistor Manfred on instagram
















d0160581_1622139.jpg
rebecca@anaisnin


















Curtain call pic from the first preview night  ☆ The Crucible
d0160581_841074.jpg



unabellaavventura via @tinakothari on instagram




















d0160581_733194.jpg
some-trace-of-her
d0160581_864026.png
d0160581_87080.png
d0160581_871883.png
d0160581_873053.png
Saoirse Ronan and Ben Whishaw in rehearsals for the Crucible




下記からのキャプチャー ↑






 CBS Sunday Morning  2016/02/28 に公開




@saoirsenews













d0160581_6561285.jpg
Ben Whishaw and Saoirse Ronan are set to star in “The Crucible.” ©Jan Versweyveld



nytimes.com 2016.02.28







via whishawnews






d0160581_6562550.jpg
The Crucible rehearsal costumes @Jason Butler Harner



※この中にベンの身に着ける洋服と靴があるのかぁ。。。














d0160581_8181578.jpg
Saoirse Ronan and Ben Whishaw in rehearsals for “The Crucible.” Credit Jan Versweyveld


nytimes.com  2016.02.21











d0160581_22535047.jpg
madamedefarge10








d0160581_1048313.jpg









 
[PR]
by uraracat | 2016-03-01 08:18 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(20)

Grenouille から Proctor へ

d0160581_18171818.jpg



d0160581_1918398.jpg
ベン、今度の洟もこの袖口でぬぐったのかな・・・笑



The Crucible カーテンコールの photo @saoirsenewsわたしが切りました
 
[PR]
by uraracat | 2016-03-01 00:07 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(0)

あ~、リハーサル風景が待ちきれない ☆ 『るつぼ』

d0160581_16534497.jpg
Joining an international cast — including Ben Whishaw, Ciaran Hinds, Tavi Gevinson, and Tony winners Sophie Okonedo and Jim Norton — under van Hove’s direction is especially exciting to Ronan.

“It’s a lovely group,” she says, “and I can’t wait to go into a rehearsal room and work on the play with them and with Ivo. I saw A View From the Bridge in London, and I was amazed at little moments that put the audience on edge. Imagine what he’s going to do with The Crucible!” 




http://broadwaydirect.com/feature/mark-strong-saoirse-ronan-miller




d0160581_22111073.jpg















d0160581_22171456.jpg









d0160581_9143767.jpg
@Jeff James (Theatre director. Currently working with Ivo van Hove - Associate Director on The Crucible and A View from the Bridge on Broadway)











d0160581_044566.jpg
Viola Davis, Lupita Nyong’o, Gugu Mbatha-Raw, Jane Fonda, Jennifer Lawrence, Diane Keaton, Helen Mirren, Brie Larson, Charlotte Rampling, Rachael Weisz, Alicia Vikander and Saoirse Ronan are featured in the latest issue of Vanity Fair magazine.

For Vanity Fair’s 2016 Hollywood Portfolio, legendary photographer Annie Leibovitz captured the 13 women in their raw beauty.


vanityfair.com



















d0160581_2210561.jpg
d0160581_22112632.jpg














d0160581_2210228.jpg
























d0160581_16173559.png
Sacred & Profane‏@asacredprofane
Big article on #SaoirseRonan and #TheCrucible in Time Out NY this morning. And a new pic
with #BenWhishaw!


 


d0160581_16175857.png





















*** おまけ ***

●『マリリン7日間の恋』を観ていたら、
ケネス・ブラナー扮するローレンス・オリヴィエが、あの時撮影していた『王子と踊り子』のあと、何を撮るのか?と訊かれて、「ジョン・オズボーンの舞台もの(=寄席芸人 The Entertainer)」と答えたら、エディ・レッドメイン扮する ’サード’ が、「ああいうのはお嫌いなのかと思っていました」と、そしたらオリヴィエが「アーサー・ミラーがその考えを変えた」と答えていて、興味深かったです。






って、言っていたら ・・・


*** おまけのおまけ ***

ケネス・ブラナーが、その ”The Entertainer" を、イアン・マッケランとやるそうではないですか・・・!
Baz Bamigboye@BazBam
Here's Daddy!@WithJohnHurt plays BillyRice to #KennethBranagh's
ArchieRice in #TheEntertainer @BranaghTheatre Aug










******





d0160581_16193394.jpg
Ashlei S. Chestnut@1sharpechestnut
Ya know just Mariah Carey-ing in the #studio... Come see #TheCrucible on #Broadway we start previews on Tuesday





via some-trace-of-her
[PR]
by uraracat | 2016-02-13 08:59 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(2)

ここでちょっと " るつぼ " の予習 ☆

d0160581_0554597.jpg
from some trace of her @Jordan_Roth






★シアーシャ・ローナンがアカデミー賞授賞式に出席のため、プレビュー開始日と初日の日程が変更になったようです。 broadway.com

『るつぼ』  アーサー・ミラー作 イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出
 
1月    リハーサル
2月29日 3月1日 プレヴュー開始 
4月7日  3月31日 初日
7月17日 千秋楽

Broadway, Walter Kerr Theatre

音楽:フィリップ・グラス





















1月22日は " The Crucible " 初演から60周年めの日 ☆

The Paris Review: Arthur Miller on The Crucible Jan 22, 2013

Today marks the sixtieth anniversary of the premiere of The Crucible.
In this interview, Arthur Miller discusses the writing of the play, and
the McCarthy hearings that inspired it.











d0160581_1441528.png
This production makes Sophie Okonedo the first black woman to take on the role of
“Elizabeth Proctor” in Broadway history and perhaps that exactly what producers wanted.
According to the casting notice’s breakdown on Actors Equity, the production was “seeking
a diverse company. Unless specifically stated, characters are any ethnicity.”



http://broadwayblack.com/sophie-okonedo-leads-new-broadway-revival-crucible/






















***

リチャード・アーミテージが 2014年にOld Vic でやったもの ↓

The Crucible TRAILER // visit oldvictheatre.com


Richard Armitage Interview Crucible

アーミテージ氏は、農夫であるプロクターの役作りのために、実際、NY郊外の農家に1週間住んで、牛と一緒に過ごし、においや空気をも吸収しようと努力したそうです。



MTV みたいになってますが・・・  






***


10 Notes: The Crucible  (ダニエル・デイ・ルイスの映画版よりの引用が多い)



★トーマス・ダンフォース判事は ポール・スコフィールドがやったのですね☆






d0160581_033017.jpg














2014年Old Vic のリチャード・アーミテージ主演のものの
ディレクターズカット

Digital Theatre YouTube
Director's Cut: The Crucible 2015/11/19 に公開

Director's Cut: The Crucible Christopher Bigsby  2015/11/19 に公開

Director's Cut: The Crucible Sound Design 2016/01/08 に公開







ここで、
*** デヴィッド・ボウイ の追悼 *** もさせていただきます ☆彡

d0160581_13522895.jpg
David Bowie's new musical LAZARUS officially opened December 7, 2015 at New York Theatre Workshop (79 E. 4th Street New York, NY 10003).


As reported on BroadwayWorld, his passing from cancer comes when his abstract Off-Broadway musical, ”Lazarus”, continues to pack in audiences at New York Theatre Workshop in a run set to finish on January 20th.

“Lazarus” was written by Mr. Bowie and the Irish playwright Enda Walsh, and directed by the Belgian theatermaker Ivo van Hove. The show is a sequel to “The Man Who Fell to Earth,” a 1963 novel by Walter Tevis that in 1976 was adapted into a film starring Mr. Bowie. In the film, Mr. Bowie portrayed Thomas Newton, an alien stranded on earth; the musical, starring Michael C. Hall as Mr. Newton, depicts the character decades later, drinking gin, watching television, isolated in his apartment, talking to characters in his head, and declaring, “I’m a dying man who can’t die.”


http://www.nytimes.com/2016/01/14/theater/after-david-bowie-death-lazarus-holds-new-meaning-for-fans.html




●YouTube - Lazarus 歌詞付き
R.I.P David Bowie | Tribute | Lazarus | Look up here, I’m in heaven | Lyric Video


↓ こちらの方が、画像、音声ともにクオリティよい
https://www.youtube.com/watch?v=y-JqH1M4Ya8



●映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』トレイラー“元素周期表編”日本語字幕版
https://www.youtube.com/watch?v=jPXggoTKnSg
[PR]
by uraracat | 2016-02-13 08:58 | The Crucible(舞台) | Trackback | Comments(11)